コレナニ+

世の中にあふれる 「これって何 !?」
を解決する情報まとめブログです。

    サッカー



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/11/06(火) 15:33:36.97

    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組エル・トランシストールのインタビューに応じた。

     「あそこ(スペイン)から去るとき、欧州のレベルではなくても、競争に臨み続けたいと思っていた。ここで、そうした競争を見つけることができている。
    僕が到着したのはシーズンの半ばで、この数カ月は適応のために費やした。とにかく、できる限り最高の形でシーズンを終えたいと思っているよ」

     「技術的、フィジカル的な厳しさに驚いた。試合は攻守の切り替えが激しく、どちらかが支配するということがない。
    その点に関して言えば、ヴィッセルは今回のプロジェクトで試合を支配しようと試みているけれどね」

    最後に、日本での快適な生活についても明*。多くの点で欧州とは異なる日々を送れていることを満足げに述べた。

     「外に出ても、ここの人たちは少し遠慮がちというか、僕たちのことを尊重してくれる。それは欧州とは違うね。あと、とても安全な国であることに衝撃を受けたよ。
    絶対に何も起こらないとさえ思えてしまう。とても閑静で、清潔で、外に出る度に感動を覚えるよ」
    (Goal.com)

    https://www.sanspo.com/soccer/news/20181106/jle18110612210002-n1.html


    【【サッカー】イニエスタ 外に出ても日本人は遠慮がち】の続きを読む



    (出典 bookmakerjoy.com)


     【朗報】日本サッカー代表、まじでワールドカップ優勝ありそう)
     風吹けば名無し :2018/10/16(火) 21:30:16.29

    世界ランク5位相手に4得点勝利


    【【朗報】日本サッカー代表、本田、香川抜きでウルグアイに勝つ】の続きを読む


    【悲報】ベッカムの息子ブルックリン君、割とガチのアジア人差別をして炎上
     風吹けば名無し :2018/10/08(月) 06:41:47.60


    (出典 i.imgur.com)


    「No place like Italy innit(イタリアにふさわしくない)」

    なーんにも悪いことしてない中国人を無許可でSNSに晒した模様


    【【悲報】ベッカムの息子ブルックリン君、割とガチのアジア人差別をして炎上について】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/09/11(火) 21:43:18.11 ID:CAP_USER9.net

    【日本 3-0 コスタリカ キリンチャレンジカップ2018】

     日本代表は11日、パナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦し、3-0で勝利を収めた

     森保ジャパンとしての初陣となった同試合では、若手選手が躍動。堂安律や中島翔哉といった選手が強烈なインパクトを残すなど、収穫の多いゲームとなった。南野拓実も、90分通して躍動した一人だ

     66分には遠藤航のパスからゴールネットを揺らすなど、A代表初得点も挙げた。南野は試合後のインタビューで「日本代表としてプレーすることは目標でもあったし、その中でもゴールを取れたのが嬉しくて、気持ちが現れたと思います」とコメントしている。

     また、今後についても「アジアカップまでのサバイバルに勝ち残っていきたい。10月にもキャンプがあるのでそこでも選ばれるようにしっかりやっていきたい」と意気込んでいる。

    9/11(火) 21:33配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00289027-footballc-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー 日本代表戦】南野拓実 フル出場、得点した男】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/07/16(月) 14:08:28.44 ID:CAP_USER9.net

     20年ぶりのワールドカップ制覇をまであと1勝に迫ったフランス。そのチームにあってエンゴロ・カンテは中心的存在ではないのかもしれない。しかし、ボールを奪い、スペースを埋め続ける彼がいなければここまで勝ち進めなかったのではないか。黙々と働く仕事人がいてこそ、レ・ブルーは輝く。(文:西部謙司)

    2018年07月15日(Sun)15時30分配信

    エンゴロ・カンテ【写真:Getty Images】

     1980年代のフランスはミッシェル・プラティニがチームの顔だった。90年代後半から00年代はジネディーヌ・ジダンだ。今大会のフランスの顔を探すなら、おそらくアントワーヌ・グリーズマンなのだと思う。あるいはキリアン・エムバペかもしれない。ただ、実質的にはエンゴロ・カンテのチームなのではないだろうか。

     もともとフランスが上手く機能するときは、だいたい中盤の下がり目に抜群のハードワーカーがいる。98年の優勝チームにはディディエ・デシャン、エマニュエル・プティ、クリスティアン・カランブーがいた。準優勝の06年はクロード・マケレレとパトリック・ビエラのコンビ。そして今回はブレーズ・マテュイディ、ポール・ポグバ、カンテ。とくにカンテは中盤の底で敵のボールを刈り取りまくり、スペースを埋めまくっている。かつてのマケレレの正統後継者で、フィールド上にはカンテが2、3人いるのではないかと錯覚しそうになる。

    https://www.footballchannel.jp/2018/07/15/post281614/

    【次ページ】無私の男
    https://www.footballchannel.jp/2018/07/15/post281614/2/


    【【サッカー】 フランス代表 エンゴロ・カンテ 高評価について】の続きを読む

    このページのトップヘ