コレナニ+

世の中にあふれる 「これって何 !?」
を解決する情報まとめブログです。

    映画



    1 湛然 ★ :2018/11/13(火) 05:06:26.07 ID:CAP_USER9.net

    2018/11/13 03:27
    ハリウッドの実写版ポケモン映画『名探偵ピカチュウ』のトレーラー映像が公開

    ハリウッドの実写版ポケモン映画『Pokemon: Detective Pikachu』のトレーラー映像が公開。『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画で、ニンテンドー3DSの同名ゲーム『名探偵ピカチュウ(Pokemon: Detective Pikachu)』を原作としたアクション・ミステリー映画。ティーンエイジャーの少年が誘拐された父親を探し出すべく、名探偵ピカチュウと組んで事件解決に挑むさまを描きます。

    製作は、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』を手がけるレジェンダリー・ピクチャーズ。監督は『ガリバー旅行記』『グースバンプス モンスターと秘密の書』のロブ・レターマン。

    『デッドプール』のライアン・レイノルズが、モーションキャプチャーでピカチュウを演じ、声も担当。主人公はジャスティス・スミス。このほか、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイらが出演します。

    米国公開は2019年5月10日。


    POKEMON Detective Pikachu - Official Trailer #1 [Warner Bros. Pictures]

    (出典 Youtube)


    http://amass.jp/113326/


    【【ハリウッド映画】名探偵ピカチュウ 事件解決出来るか 】の続きを読む



    1 名無シネマ@上映中 :2018/08/30(木) 22:00:37.18 ID:pETsrTfQ.net

    お金とは何か?幸せはどこか?

    大友啓史×川村元気×佐藤健×高橋一生が仕掛ける、
    新感覚マネーエンターテインメント!

    愛、友情、3億円。すべてを失った男の、
    お金と幸せの答えを探す“地獄めぐり”が始まる-。

    映画『億男』公式サイト
    http://okuotoko-movie.jp/
    https://www.toho.co.jp/movie/lineup/okuotoko.html
    映画『億男』公式 Twitter
    https://twitter.com/okuotoko_movie

    2018年10月19日(金) 公開

    佐藤 健 高橋一生
    黒木 華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝
    藤原竜也

    原作:川村元気「億男」
    監督:大友啓史
    脚本:渡部辰城 大友啓史
    音楽:佐藤直紀
    主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」(TOY'S FACTORY)
    (deleted an unsolicited ad)


    【【映画】億男 愛、友情、3億円。すべてを失った男の物語】の続きを読む



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    【【悲報】中国で「プーと大人になった僕」の上映禁止 その原因は】の続きを読む



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/07(金) 21:54:55.98 ID:CAP_USER9.net

    松浦だるまの同名コミックを実写映画化した『累-かさね-』の初日舞台挨拶が9月7日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、
    土屋太鳳、芳根京子、浅野忠信、佐藤祐市監督が登壇。
    土屋が共に難役に挑んだ芳根との別れに「さみしい」と瞳を潤ませ、降壇時には2人で熱く抱擁。会場から大きな拍手を浴びた。

    本作は、“醜い”累と、“美しい”ニナが、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれ、
    欲望をむき出しにしてぶつかり合う姿を描くミステリアスな物語。土屋と芳根が、累とニナを1人2役=2人1役で演じた。

    キスが入れ替わりの手段となることから、土屋は「きょんちゃん(芳根)とかなりのキスをさせていただいて。うれしかった」とニッコリ。
    芳根も「させていただきました」と笑顔を浮かべ、「何回も何回も。テストから実際にキスをして、100回くらいですかね。
    太鳳ちゃんとのキスはもう、挨拶です」と土屋と顔を見合わせ、声を弾ませていた。


    女の劣等感や嫉妬心が渦巻くドロドロバトルに身を投じたが、“2人で2つの役を演じる”という難役に挑んだ土屋と芳根の絆は深く、
    土屋は「きょんちゃんが相談などを受け入れたりしてくれなければ、乗り越えられなかった。本当に感謝しています」としみじみ。
    「きょんちゃんといかにコミュニケーションを取るか。愛情がすごく大事だった」と芳根を見つめ、手を取り合う。

    芳根も「太鳳ちゃんと手を取り合ってやってきたからこそ、いまここに立てている」と心を込め、本作を通して「自信をもらった」と大きな転機にもなったことを告白。
    「朝ドラが終わった時に、演出の方に『もうちょっと自信を持ったほうがいいよ』と言われて。
    自信ってどうやったら手に入れられるんだろうと悩んだ時期もあったんですが、『累』を通して、自分のなかで見つけることができなかった感情をたくさん引き出してもらった。
    少し自信をもらうことができた」と充実感たっぷりの表情を見せていた。

    最後の挨拶になると、完成披露イベントでは涙を流してしまった芳根は「今日は泣かないんです!」と自分を励ましつつ、「うれしい気持ちでいっぱいです」とコメント。
    土屋は「この挨拶を終えてしまうと、全部が終わってしまう。とてもさみしいです」と瞳を潤ませたが、芳根がギュッと土屋の手を握りパワー注入。
    ステージを降りる際には熱い抱擁を交わし、2人そろって「ありがとうございました!」と会場の隅々まで届くような大きな声で挨拶。
    観客からは惜しみない拍手が送られていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00161323-mvwalk-movi
    9/7(金) 19:55配信



    (出典 eigaland.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 i0.wp.com)


    【【土屋太鳳、芳根京子】松浦だるまの同名コミックを実写映画化した『累-かさね-』の初日舞台挨拶】の続きを読む



    (出典 masamunenet.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/08/17(金) 15:57:17.775 ID:5HUvTTjkM.net

    期待値より全然良かったわ


    【【映画】ペンギンハイウェイ 感想】の続きを読む

    このページのトップヘ