コレナニ+

世の中にあふれる 「これって何 !?」
を解決する情報まとめブログです。

    総合格闘技



    1 ばーど ★ :2018/09/18(火) 15:16:25.20


    (出典 www.hochi.co.jp)


    がん闘病を公表していた元レスリング選手の山本KID徳郁さん(41)が、18日に死去した。この日、山本さんが主宰する「KRAZY BEE」の公式ツイッターで報告された。

    「山本KID徳郁を応援して下さった皆様」とし、「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と発表。「尚、山本家、家族、友人への取材等はご遠慮頂き、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」とした。

    山本さんは8月26日、自身のインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがん闘病中であることを公表。がんの種類など詳細は明かさなかったが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と誓っていた。

    1972年ミュンヘン五輪代表の山本郁栄氏を父に持ち、姉・美憂と妹・聖子は世界女王のレスリング一家に育った。桐蔭学園高を中退して米国にレスリング修業。アリゾナ州王者に輝くなど実績を残して帰国すると、山梨学院大時代には全日本学生選手権大会を制した。2000年シドニー五輪出場を目指していたが、果たせず01年に修斗でプロデビュー。立ち技格闘技のK―1、総合のHERO’S、DREAMで活躍した。妹・聖子は大リーグのダルビッシュ有と結婚した。

    ミュンヘン五輪に出場した父を「神」と見立て、自身を「神の子」と称していた。私生活では04年8月にモデルのMALIAと結婚し、翌年1月には男児、06年11月には女児をもうけたが、09年8月に離婚。14年11月に一般女性との間に女児をもうけたことを発表していた。格闘技では15年大みそかに現役復帰した魔裟斗と対戦し、判定負けして以来試合を行っていなかった。

    ◆山本KID徳郁(やまもと・きっど・のりふみ)1977年3月15日、川崎市生まれ。幼少時からレスリング・フリースタイルで活躍。01年に総合格闘家に転向。06年7月に北京五輪出場を目指すことを表明したが負傷により断念した。11年からUFCと契約。

    KRAZY BEE OFFICIAL @KB_official
    https://twitter.com/KB_official/status/1041891659896639488

    2018年9月18日12時41分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/fight/20180918-OHT1T50071.html

    ★1が立った時間 2018/09/18(火) 12:54:43.25
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537245474/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【訃報】山本KID徳郁さん死去(41歳) 】の続きを読む



    (出典 news.matomemato.me)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/08/26(日) 21:16:04.504 ID:NtFgVUINa.net

    てか癌と刺青って関係ないのかね


    【【総合格闘】山本キッド癌になったらしい 入れ墨は大丈夫なのか?】の続きを読む



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/29(日) 22:18:58.38 ID:CAP_USER9.net

    浅倉カンナがRENA返り討ち 判定完勝!恋人・那須川天心と花道で抱擁
    7/29(日) 21:26配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/ring/2018/07/29/0011493065.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000137-dal-fight

    RENA(左)に勝利した浅倉カンナ=さいたまスーパーアリーナ

    (出典 i.daily.jp)


    「総合格闘技・RIZIN.11」(29日、さいたまスーパーアリーナ)

    メインイベントの女子MMAルール49・0キロ契約5分3回(肘あり)は、RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者の浅倉カンナ(20)=パラエストラ松戸=が3-0の判定で、RENA(27)=シーザージム=を下し、昨年大みそかの再戦を制した。

    連勝街道を歩み、RIZIN女子をけん引していた“ツヨカワクイーン”RENAは、昨年大みそかのトーナメント決勝戦で浅倉にチョークスリーパーで締め落とされ、初代女王の座をつかむことができなかった。
    5月の福岡大会で、浅倉の試合後にリングに上がって再戦を直訴した行動が賛否両論を呼び、今では一部のファンから厳しい視線も送られていた。

    因縁の再戦へ、RENAはリベンジの覚悟を示すかのごとく、以前の華やかなものから一変した全身漆黒のコスチュームで登場。続いて女王として浅倉はピンクの装束で入場。リングサイドでは浅倉と交際中の“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)が試合を見守った。

    初回から浅倉が鋭いタックルで接近戦に持ち込み、マウントポジションをとる。RENAもテイクダウンしてからの対応は的確で、決定的なシーンのないまま初回を終えた。2回も2分過ぎに浅倉がマウントをとり、顔面にパンチを狙う。

    最終ラウンドも浅倉のタックルが決まる。マウントから肘を連発し、腕を狙うが、RENAもそれを許さない。結局、勝敗は判定に委ねられ、浅倉が3-0で完勝した。

    浅倉は「自分が強くなるスピードよりRENAさんが強くなるスピードが速くて焦りました。今回やりづらかったけど、切り替えてできたかなと思います」と振り返る。
    「RENAさんはあこがれの選手なんですけど、でも超えなければいけない。すごく複雑だったんですけど、勝ったからにはもっと上の選手とやりあえるように壁を越えてやっていきたい」と涙も流しながら語った。
    花道を引き揚げる際にはリングサイドの那須川と抱擁を交わした。


    【【総合格闘技】 浅倉カンナ RENAに勝利】の続きを読む

    このページのトップヘ